収納ケース、処分困っていませんか?

梅雨の晴れ間の、ピーカンだった愛知県名古屋近郊です。

どうも、今年の梅雨と呼吸が合わず、晴れの日を有効に

仕事に生かせていないと、ちょっと落ち込んでいる

便利屋さくらサービスですorz

そんな中でも、雨晴れ関係なく、ご依頼はこなしております。

 

で、ちょっとお時間ができましたので、倉庫の整理をしておりました。

いろいろ整理したので、収納ケースのいくつかも

処分することにしました。

そこで、今回は「収納ケース」のお話です

 

ご縁をいただきまして、劇団の不用品処分をさせていただきました。

当然?布類も大変多く、プラスチックの収納ケースやビニール袋、

昔ながらの衣装ケース等にたくさん詰め込まれておりました。

これらは分類して、リサイクルできるよう、専門の処分場に処分を

お願いしていくのですが、物がなくなると、残るのがケース、ボックス。

 

今はプラスチック系の素材が中心ですが、以前はトタンや、紙に

薬剤をしみこませ硬化させた素材、桐で作られたものが中心でした。

今回の劇団さんは、こうした懐かしい衣装ケースも多々ありました。

何十年も使用されてきたのでしょうね。丈夫なものです。

 

プラケースは安く、いろいろな形状にデザインできるため、

圧倒的なシュアを持つようになりましたが、昔の収納ケースに比べると

耐久性には欠けます。

 

蓋を中心に、よく割れますよね^^;

 

割れてしまってたプラスチックは、補修が難しく、

そのまま使用し続けると、割れている部分が広がっていきます。

こうなると、もう処分するしかないですよね。

 

割れていないものは、メルカリやヤフオクで引き取ってくれる人を

探すのも手ですが、もともと価格がそこまで高くないので、

引き取り手が、見つかるかは微妙です…

 

意外とこの収納ケースの処分、

困っている方が多いようです。

 

そのままでは、ゴミ袋に入らないので、粗大ゴミとして処分されている、

なんて人も多いのではないでしょうか?

 

これ、一定のサイズ(地域ごとに違うかもしれませんので、サイズは

ゴミの分類で検索してくださいね^^;)でカットすれば、ゴミ袋に入れて、

ゴミ回収日に回収してもらうことが可能です。

 

まぁ、ご存じな方も多いでしょうが、なかなかカットできないですよね…

 

収納ケースの場合、カットするのに、最も早くカットできるのが、

電動丸ノコです。

 

 

所謂、レシプロソー(電動ノコギリ)でも、カットできます。

 

 

 

でも、慣れてしまえば、この丸ノコが断然早くカットできます。

もっと、バリューな丸ノコもありますので、ご自身でカ挑戦される方は

色々調べてきてください。

でも、渕とかありますので、あんまり刃の小さいものは、切りにくいので

ご注意を。

丸ノコもレシプロソーも、刃を交換すれば、プラスチックのほか、

木材も、金属もカット可能です。一般的な収納ケースくらいであれば、

問題なくカットできます。

 

当店も、回収してきた収納ケースは、極力カットして体積を減らします。

便利屋さくらサービスは事業として、行っているので、処分も事業ゴミ、

産廃として処置するのですが、重さではなく、体積で処分費が

計算されることも多いので、できる限りコンパクトにして、処置するのが

効率的なのです。

↑つまり、お客様から頂く経費が少なくて済むので

少しご依頼費がお安く出来るようになります。

 

でも、この丸ノコによるカット、大きな問題もあります。

 

切りくずが半端なく出ることです。

 

折しも世の中は、プラスチック片による、海洋汚染が問題視されている

昨今です。

地球に負担のなきよう、しっかり掃除もしてくださいね♪

(因みにレシプロソーのほうが、かなり切りくずは少量になります。

時間はかかりますが…)

 

ご自身で処置するのが、ご不安な方は、便利屋さくらサービスまで。

安全確実に処置いたします。

TEL:090-8187-8765

E-mail:sakura-service@outlook.jp

お電話、ご連絡お待ちしております。