片付けない人の考え方(の一部)

今月は飛び込みのお仕事が多いので、なかなかスケジュール管理が

大変な便利屋さくらサービスです。

 

どんなお仕事でも、ありがたいのですが、どうしてもご指定のお時間に

お伺い出来ない場合がございます。ご了承ください<m(__)m>

 

さて、不定期ではございますが、ご家族の方より、お片付けの

ご依頼をいただいているお家がございます。

 

そんな片付けない考え方の、お話です。

お一人暮らしなのですが、ご両親はお近くにお住まいで、

定期的に、様子を見ていらっしゃるご様子。

 

以前は、お母様がお掃除されていたりしたそうですが、

「必要なものまで捨てる!!」

と激怒され、今は便利屋さくらサービスにご依頼されております。

(↑ご依頼はお母様から、お支払いはご本人様からです^^;)

 

で、散らかっているものは、食品などの包装、郵便物などの紙類、

ペットボトルや空き缶などです。

なので、そうした生活ごみに限定して片付けることを条件に

双方ご納得いただき、作業させていただいております。

(お母様は、本類や機械類もお捨てになってしまうので…;;)

 

まぁ、よくあるパターンです^^;

 

結構お忙しい方らしく、出張も多いのでゴミの日に不在とかで、

散らかった状況が続いているうちに

 

「別に片付いてなくても、そこまで困らなくね?」

 

となったそうです^^;

 

これ、意外とよく聞くお話です。

 

「別に不便は感じない」

「これでも快適に暮らしている」

「なぜ片付ける必要があるのか?」

 

こういう心理が、片付けをしない心理の一部らしいです。

 

なので、一度その状況になれてしまうと、片付けても

結局元に戻ることになってしまいます。

 

でも、ある意味?合理的発想でもあるので、

お支払いご担当の住居者さんは、

 

「これ(片付け依頼)、効率としては悪いんじゃね?」

 

と、考えられました。

 

「完全にはできないけど、回数は減らせると思うので、

何かアドバイスはない?」

 

とのことで、ゴミの集め方を、ちょっとアドバイス致しました。

 

実際、こちらの方の場合、日常的な生活ごみが中心なので

ご本人での対処は、さほど困難ではございませんので、

改善されていく可能性が高いと思われます。

 

元々、お洗濯も、お料理もご自身でされる方なので、

 

片付け=効率が良い

 

としっかり認識すれば、お片付けもご自身でされるようになるでしょう。

 

片付けられない方への正しい対処法の1つは

 

「片付ける意味を教える」

 

らしいですから。

 

便利屋さくらサービスとしては、ご依頼現象かもしれませんが、

お客様のお力になれたなら、良しとします♪

 

掃除も、不用品処分もお任せください。

TEL:090-8187-8765

E-mail:sakura-service@outlook.jp

お電話、ご連絡お待ちしております。