蜂の巣の探索だけでも危険が伴います

連中真っ盛りですね、便利屋さくらサービスは割と短時間のお仕事が、多くなっております。

飛び込みのお仕事も、対応しやすいかな?と思いますので、ご連絡ください♪

 

さて、最近増えてきている蜂の巣関連のお話です。最近続いてますが、危険が伴うのでちょっと注意事項を、お伝えしたいと思います。

 

小さな蜂の巣なら、当店も防護服なしで駆除してしまうこともあります。時間帯や、周辺状況次第ですが、お時間の短縮は、お客様へのサービスでもありますので、夜などはそうすることもあります。

 

でも、やはり防護服は必需品です。場合によっては重ね着して対処しております。

まだこの時期はいいのですが、夏になると正直相当熱いのです@@

 

でも安全には変えられませんので、しっかり着ないといけません。

あまり格好のいいものではないのかもしれませんが、防護服は非常に頼りになるものですから。

 

で、熱い時期に一番大変なのが、「蜂の巣の探索」です。

時間がかかる場合がありますので、発見までに汗だくになることも多いのです。

でも、不意に蜂の巣に遭遇すると、攻撃されますから、装備はしっかりしておくことが重要です。

 

蜂の巣は、外敵から見つからないように、目立たないところに作られます。

なので、警戒エリア内に入ってきたものを攻撃してくる傾向があります。

大変危険なのです。見てない場合は見ていないと、おっしゃっていただければそれで大丈夫です。

 

当店もご相談時「蜂の巣は見られましたか?」とお聞きしますが、決して「探しておいてください。」という意味ではないので、そこは念を押してご注意させていただいております。

遠めに見てわからなければ、無理して探さないようにしてください!!

 

なので、「蜂の巣の探索」から巣駆除は始まっております。

「ちょっと気になるから見てみよう。」なんて危険なことはしないで、探索発見から、しっかり任せてくださいね。

 

よくお伺いするのが「蜂の巣があるのかと思って、見に行ったら刺された。」パターンです。

決して無理して探さないように、ご注意くださいね。

 

あと、作業中は、蜂を刺激しておりますので、見ていると攻撃される可能性がありますので、安全なところで、作業完了をお待ちください。

決して、防護服姿を見られたくないわけではありませんので、ご協力、よろしくお願いいたします<m(__)m>

 

 

蜂に限らず、害虫害獣のご相談、承ります。

TEL:090-8187-8765

E-mail:sakura-service@outlook.jp

お電話、ご連絡お待ちしております。