お風呂のお湯が出ない!!

相変わらず寒い日が続いています、名古屋、瀬戸地方ですが、便利屋さくらサービス元気に活動中です。

 

雪や寒波の影響で、普段と違うご依頼も増えております。今回もそんなお話です。

 

「昨日からお湯が出ない」という、ご相談がありました。

瀬戸の北のほう、名古屋よりも岐阜のほうが近いエリアの一軒家です。

この寒さですから、水道管内のお水が凍って、出なくなることはよくあることですが、

今までは、日中になると復旧していたそうです。

でも今回は、昨日から一度もお湯は出ないそうです。

 

台所と、トイレは早朝は出なかったそうですが、日中には出るようになったそうです。

ただ、これって対策が難しい案件になります。

 

凍っている場所がわからない&水の流れる方向がわからないのが困難な理由です。

 

1戸建てですが、当然?住民の方もそこまで把握しているわけではないことが、ほとんどです。

水道管をお湯をかけて温めることくらいしかできず、復旧するかどうかは確約できないことは

ご了承いただき、お伺いいたしました。

 

水道管と屋外の湯沸かし器を確認し、温める箇所を検証します。

その間、お客様にお湯を沸かしていただくわけですが、よく見ると、圧力鍋の底が焦げ付いています。

理由をお聞きしますと、「カレーを焦がしてしまい、今は使っていないがこういう時なら使えるかと思って」

とのこと。これくらいの焦げ付きでしたら奇麗にできますよと、お話しながらお湯を沸かしていただきます。

 

水の流れているトイレから、水の出ないお風呂までの管をお湯で温めます。

鍋2杯分でちょろちょろ水が出るようになりました。

 

さらに温めお風呂まではお水が出るようになりました。

ですが、湯沸かし器は、さらにその先、さらに鍋2杯分のお湯で何とか湯沸かし器にお水が届き、

お湯の復活です。

 

水道管は一応断熱材が巻いてありますが、古いもので断熱効果も低いため、まき直しをお勧めして、

圧力鍋の焦げ取りもして、完了となりました。

 

2日ぶりにお風呂に入れると、大変喜んでいただけました。

 

なかなか無い寒波の影響でございますが、こういう時こそ、お湯が欲しくなるものです。

今後のために、しっかり対策を立てることが重要ですね。そんなことを考えさせられる案件でした。

 

 

寒波の影響も、軽減できるかも?一度ご相談ください!

TEL:090-8187-8765

E-mail:sakura-service@outlook.jp

お電話、ご連絡お待ちしております。