賃貸物件の修繕

お世話になっている同業様のお手伝いで、アパートの修繕をしてまいりました。

 

お部屋の床の張替えや電球交換、共用部のフェンスの修繕などを行います。

床に合わせて木材を切り床板の強化をして、後フロアマットを貼り付けます。

畳の下も確認して床板の痛みも修繕して畳の傾きを修正します、段差ができると怪我のもとですから高さ合わせは重要です。

 

フェンスは軸の木材が腐っておりましたので外して新しい木材にして波板を釘で打ち込みます。

軸となる木材をフェンスの金属フレームのピンに合わせてドリルで穴を空けます。数か所のピンは変形なのか、当時の職人さんの感覚なのか位置がまちまちで、1つ1つ位置合わせが大変でした。

軸がフレームにはまったら、釘打ちです。目線が合わせられる箇所は大丈夫なのですが、高い位置や低い位置は真っ直ぐ打ち込みにくいので打ち込みに時間がかかってしまいます。ゆっくり打つと疲れも時間も増してしまいますが失敗しないよう心掛けて釘を打ち込みます。

釘打機は便利屋でもなかなか購入に躊躇してしまうお値段なのですが、修繕のお仕事が増えてくれば用意しないといけなくなるかもしれませんね。あるととっても時間が早くなるので憧れのツールの一つです。

 

 

エアーコンプレッサーがない人はさらに敷居が高くなりますが、釘打ちだとエアーツールが一般的です。電動では用途が限られているものが殆どですしね。

 

今回のように、比較的お時間がいただける修繕の場合は、いろいろスキルアップのチャンスでもありますので工夫しながら取り組めるで、楽しいです♪またお誘いください、先輩便利屋様<m(__)m>ありがとうございました。

 

業者様、大家様からのご依頼も個人の方のご依頼も歓迎です。

TEL:090-8187-8765

お電話お待ちしております。